澤柳政太郎は、「所求第一義」(求むるところ第一義)を生涯の志としていました。
「第一義」とは本來、本當のもの、一番大切なもの、根本にあるものをいい、「常に究極の真理、至高の境地を求めよ」ということです。

成城學園の理想

冒頭の一文は、1926(大正15)年、成城高等學校(舊制)の第一回入學式において澤柳政太郎が訓示の初めに述べた言葉です。真?善?美の理想が実現する社會、それがすなわち學校だという高い志を表しています。真理と道徳を重んじ、表裏なく気高く、しかも柔和な學生の育つ學校を目指しました。學校を理想の小社會としてとらえた澤柳は、「ウソイツワリ」を強くしりぞけ、品格のある生活の実現を求めました。

成城學園の教育

澤柳政太郎は、人それぞれの備えている內在的な「天分」を伸ばし、個性の花を開かせることを教育の理想としました。それを実現するために、成城小學校の設立に際しては「個性尊重の教育」「自然と親しむ教育」「心情の教育」「科學的研究を基とする教育」の四つの綱領を掲げました。そして、児童?生徒?學生には自學自習?自治自律を學びの基本的姿勢として求め、また、教師は教育者であり同時に研究者たるべしという考えのもと、実際に即した教授法の研究を推進しました。

成城學園の育む人間像

澤柳政太郎は、正直、真面目という道徳を身につけ、個人の「天分」を熱心かつ旺盛に伸ばした結果、知性?心情ゆたかで意志強固な「獨立獨行」の社會人になることを願いました。自分の信じる道を、自分で開いて往く、この青年の「獨立獨行」こそ、次なる社會を開く力であると信じました。フェイアプレイの精神を持ち、美的生活を心がける「教養ある紳士淑女」になることと同時に、変わりゆく世界の中で「獨創力」を持った奮起する人間となることをさらに期待しました。

成城大學のミッション?ビジョン

グローバル社會を生き抜く「獨立獨行」の人を育成する

ミッション

成城大學は個性の暢達を主眼として、広く専門の學蕓を研究教授し、広角の視野と高度の教養を具え、かつ、豊かな個性を持つ社會の先導者を育成するとともに、文化の発展に貢獻することを使命とします。(大學學則 第1條より)

ビジョン

成城大學は「所求第一義」の精神に則り、真理を究める研究を行うとともに、一人ひとりのもつ「天分」を伸ばす教育によって、グローバル社會を生き抜く「獨立獨行」の人材を育成します。

第2世紀の成城教育

教育の質の向上


?質の高いアカデミック?プログラムによる専門教育の充実
?幅広い教養と柔軟な思考力を養成するリベラル?アーツ教育の充実
?獨自の國際教育プログラムと外國語教育によるグローバル人材育成の強化
?ゼミナールを中心とした少人數教育體制の促進
?アクティブラーニング(主體的?能動的な學び)を促進する教育環境の整備

キャリア支援の充実


?キャリア教育とキャリア支援を連攜させた獨自プログラムの展開
?各人の個性に応じた、きめ細やかなキャリア支援體制の充実
?多様なインターンシップによる就業體験を通した學びの深化

學生支援體制の充実


?勉學意欲のある學生奨勵する奨學金制度の拡充
?安心した學生生活をおくるための生活支援の充実
?総合窓口の開設と學生相談?カウンセリング體制の強化
?學生のグローバルな人的ネットワークを広げる支援體制の充実

研究活動の活性化


?研究論文やシンポジウム等を通した研究成果の積極的な発信
?知の地域社會への還元を促進する産學官連攜體制の拡充
?研究競爭資金の積極的獲得の奨勵

ミッション?ビジョンは、各學部?研究科ごとに策定しています。

學部

大學院

草蜢社区在线观看免费下载